よそ

 

京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の初代経営者である父(松尾一)は、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の跡取りとなる嫡男の僕(松尾克昌)を、もっと妥協なき環境で印鑑精進させるべく、あえて関係性の薄いよその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)で働かせることにしたんだと思います。

なんせ僕(松尾克昌)は、京都府綾部市の中学を卒業してスグ、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)に入職しました。

恥ずかしい話ながら僕(松尾克昌)は、世の中の荒波を知ることなく、ほんまに京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)でヌクヌクとぬるま湯につかっていたわけなのであります。それこそ、バカみたいな顔して。。。

そりゃ、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)でのクソ甘い環境なんか、ぬるま湯の中のぬるま湯に決まってます。。。

だって、京都府綾部市にある松尾判子店の初代経営者である父(松尾一)を筆頭に、松尾判子店の社員たる印鑑彫り師らは皆、僕(松尾克昌)が小さいころから知っている人らばっかりでしたから。

たぶん、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)での甘い勤務環境なんか、人の体温よりぬるめ、つまりカゼひくぐらいぬるめのぬるま湯だったように記憶しているのであります(;^ω^)

印鑑摂津

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です