実印はいつ作る?

 

私は、とある区役所にて印鑑登録の係をやっている森田冴子(もりたさえこ)と申します。

ちなみに私(森田冴子)が区役所で印鑑登録の係を仰せつかったのは、たまたま実家の稼業が印鑑屋だったという単純な理由からなのであります。。。

一見、頭が固そうな役所だけれど、けっこう分かりやすい一面もあったりするようです(‘ω’)ノ

実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)は、基本的にいつどんなタイミングで作成しても良いわけなのです。

まあ、我が国のルール的には、だいたい15歳から実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)を作ることができるようになっているのであります。→印鑑淡路

実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)の用途、出番といたしましては、会社を起こす時・車を売買する時・遺産を相続する時などが関の山となっているのであります。

だから実際のところ、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)みたいな本気の印鑑を使う機会は、ずいぶん限られていると言えますよね。

しかしですね。

たしかに実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)みたいな本気タイプの印鑑は、認印あたりに比べれば使う機会がかなり少ないものの、用途(会社を起こす時・車を売買する時・遺産を相続する時など)はどれをとっても人生の中のビッグイベントであるわけであり、我々日本人にとってとても重要な用件なのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です