カテゴリー: 未分類

ブラザーズ

 


『古賀ハヤト君も古賀ゲンキ君もそれだけの実績がある立派な柔道の選手なんやけど、いかんせん父親が父親だけに、氏と同レベルを求められるのが辛くてたまらんやろの。』

先方
「古賀ハヤトと古賀ゲンキは、兄弟選手で頑張っている方ですよね。
斉藤仁さんとこだって、斎藤立はいいけど、長男はダメだし。
小川直也先輩のとこも長男郵政はいいけど次男が?だし。
古賀兄妹は3人で頑張っている方だと思いますよ。
まあ、ホントなら柔道なんかしたくないでしょうけどね(笑)」


『そうやの。
偉大な親と同じ道に進もうとせん子供が世の中に多いのも分かる気がするよ。』

先方
「ホント、大変ですよね。
親の背中を追って柔道の道へ進んだとしても、本人が強くなれる補償なんかまったく無い訳ですし。
絶対、偉大なる親と比較されるでしょうし、、、、」


『 2世ではない普通の柔道選手なら万歳三唱で讃えられる実績を出しても、古賀兄妹の場合は
【君のお父さんはね・・・】
ち、必ず言われるやろけの。。。
いったい、どんだけ柔道を頑張らええんか?ちゅう感じよの。
バカみたいにキツい稽古してその有様じゃ、嫌にもなるやろ。』

スネークウッド

 

 

スネークウッド印鑑素材について。

そもそもスネークウッドという木って、この広い世界の中では最も密度が高い木なのであります。

つまりスネークウッドという木は、ギッシリビシバシに中身が詰まっている木材として、その名をよーく世界に知られているわけであります。

また、スネークウッドという木は、世界中で最も密度が高い木であるだけに、希少価値もとても高くなっていますね。

あと、スネークウッドという木は、パッと見た目には黒色を基調とした蛇みたいな柄をしていまして、パッと見た目にはなかなかの美しさを感じるのであります。

このパッと見た目の美しさや品質の硬さ、希少価値の高さなどから考えて、スネークウッドという木は『木の宝石』とも呼ばれたりしていますね。

スネークウッドという木は、たしかに天然素材の中ではとても硬い印鑑素材なわけですが、やはりスネークウッドといえども木材は木材なのであります。

ですので、スネークウッドという木で作った印鑑も、気温や湿度にはさほど強いという訳ではありません。

そのため、スネークウッド印鑑素材で作った印鑑を保管する際は、しっかりと印鑑自体を印鑑ケースに入れて、激しく湿度や温度が変化するような場所だけは極力避けて保管をするように注意してくださいね。

ハンコ安い

同志

印鑑豊中

私(片山工事)が印鑑彫り職人の修行をさせてもらっている内村印判(内村義昭社長)には、私(片山工事)の他にも印鑑彫り職人を目指す男性従業員が二人いるのであります。

私(片山工事)とともに印鑑彫り職人を目指す彼ら同志の名は、木田光太郎(きだこうたろう)くんと梶田宗矩(かじたむねのり)くん。

私(片山工事)、木田光太郎くんと梶田宗矩くんの三名は、立派な印鑑彫り職人になるため、お互いに協力しあい、刺激しあいながら連日の厳しい修行を頑張っているのであります。

さて、ここだけの話ではありますが。。。

この両名、木田光太郎くんと梶田宗矩くんも、実はそれぞれが印鑑店を実家に持つ跡取り息子なのであります!

木田光太郎くんの実家印鑑店は『印鑑の木田』様、梶田宗矩くんの実家印鑑店は『梶田印鑑』様とおっしゃるそうで。

揃いも揃って三名もの印鑑店跡取り息子が、同じ目的で一つの印鑑店(内村印判、内村義昭社長)に集うとは、なんたる奇遇でしょうか!

この一つの印鑑店(内村印判、内村義昭社長)で出会った奇妙なる縁を大切にいたしまして、木田光太郎くんと梶田宗矩くんの両名が次期社長となるであろう『印鑑の木田』様と『梶田印鑑』様とは、わが片山印房といたしましても、末永いお付き合いをいただきたい次第でございます。

しかし、どこの印鑑店の社長も、こぞって跡取り息子を他人の印鑑店に送り込んでるなあ。

印鑑業界なんか狭い世界だから、考えることがお互いに似かよってるんだろうなあ。。。

井上

印鑑東淀川区

こんにちは。

ボクちゃんは、九州は熊本県に住んでいる井上馬鹿雄(いのうえばかお)と申します。

ボクちゃん(井上馬鹿雄)は、熊本県のとある名門印章店(山川ハンコ、山川池雄社長)で働きながら、印鑑彫り名人になるための飽くなき訓練をしています。

実をいうとボクちゃん(井上馬鹿雄)は、同じ熊本県内にある印章店(井上印章)で生まれたワケありの男なのであります。

何を隠しましょうボクちゃん(井上馬鹿雄)は、いずれは実家印章店(井上印章)の経営を引き継ぐように親父(井上印章社長の井上阿呆輔、いのうえあほすけ)から宿命づけられている長男、その名も「跡継ぎの馬鹿雄」なのであります!

では、ボクちゃん(井上馬鹿雄)の現状を、正直にわかりやすくご説明いたします。

まあ、簡単に言うとボクちゃん(井上馬鹿雄)は、社長として実家の井上印章を引き継ぐまえに、印鑑彫り名人の訓練も兼ねた社会的勉強をするため、親父(井上印章社長の井上阿呆輔)からムリやり山川ハンコ(山川池雄社長)へ行かされてるってパターンなんですね・・・。

どうも山川ハンコ(山川池雄社長)は、以前からウチの印章店(井上印章)と付きあいがある印章店だったみたいでして(–;)

まあ、ウチの親父(井上印章社長の井上阿呆輔)が、山川ハンコの山川池雄社長に頼み込み、ボクちゃん(井上馬鹿雄)を引き受けてもらったというパターンなんでしょうね。

仲間

 

ボクちゃん(井上馬鹿雄)が印鑑彫り名人の訓練をさせてもらっている山川ハンコ(山川池雄社長)には、ボクちゃん(井上馬鹿雄)のほかにも印鑑彫り名人を志す男子従業員が二人ほどいるのであります。

ボクちゃん(井上馬鹿雄)といっしょに印鑑彫り名人を志す仲間二名の名は、足賀臭男(あしがくさお)君と田井戸悪男(たいどわるお)君。

ボクちゃん(井上馬鹿雄)、足賀臭男君と田井戸悪男君の三名の男子は、胸を張れる印鑑彫り名人になるため、互いに協力し、刺激しつつ連日連夜の厳しい訓練をこなしているのであります。

あの、ここだけの話ではあるのですが。。。

この2名、足賀臭男君と田井戸悪男君も、じつは各々が印章店を生家に持つ跡継ぎ長男なのであります!

足賀臭男君の実家印章店は『判の足賀』さま、田井戸悪男君の実家印章店は『田井戸印判』さまというそうで。

揃って3名もの印章店跡継ぎ長男が、同一の目的でひとつの印章店(山川ハンコ、山川池雄社長)に時を同じくして集結するとは、なんたる縁でしょうか!

この、ひとうの印章店(山川ハンコ、山川池雄社長)で重なった奇妙な縁を大事にしまして、足賀臭男君と田井戸悪男君の2名が次期社長となるであろう『判の足賀』さまと『田井戸印判』さまとは、わが井上印章としましても、末永くお付きあいを頂きたい所存でございます。

それにしても、どこの印章店の社長さんも、こぞって跡継ぎ長男を他人様の印章店に送り込んでるみたいだなあ。

印章の業界なんか、クソせまい世界だから、考えることも互いに同じようなもんなんだろうなあ。。。

印鑑池田市

実印はいつ作る?

 

私は、とある区役所にて印鑑登録の係をやっている森田冴子(もりたさえこ)と申します。

ちなみに私(森田冴子)が区役所で印鑑登録の係を仰せつかったのは、たまたま実家の稼業が印鑑屋だったという単純な理由からなのであります。。。

一見、頭が固そうな役所だけれど、けっこう分かりやすい一面もあったりするようです(‘ω’)ノ

実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)は、基本的にいつどんなタイミングで作成しても良いわけなのです。

まあ、我が国のルール的には、だいたい15歳から実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)を作ることができるようになっているのであります。→印鑑淡路

実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)の用途、出番といたしましては、会社を起こす時・車を売買する時・遺産を相続する時などが関の山となっているのであります。

だから実際のところ、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)みたいな本気の印鑑を使う機会は、ずいぶん限られていると言えますよね。

しかしですね。

たしかに実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)みたいな本気タイプの印鑑は、認印あたりに比べれば使う機会がかなり少ないものの、用途(会社を起こす時・車を売買する時・遺産を相続する時など)はどれをとっても人生の中のビッグイベントであるわけであり、我々日本人にとってとても重要な用件なのであります。

そんな柄あるの?

 

恥ずかしい印鑑柄パンティのイメージはどうでもいいとして、ここからが今日の本題なのであります(-_-;)

ぶ厚い10冊もの印鑑専門書を読んで、自宅で印鑑というものを徹底的に研究した私(柿畑恵子)に言わせれば、基本的に印鑑というものは、どうも身内の、しかも目下の人に対して贈るべきものであると言われているようであります。

そもそも人間が印鑑を使うということは、その人が大人として独立していくということを意味するものなのであります。

だから、印鑑を人様に対して贈るということには、自立した立派な人間になってほしいという、相手に対するメッセージが込められているのであります。

そのため、職場の上司のような思い切り目上の方に対して印鑑をプレゼントするようなことは、絶対に避けておいた方がよいでしょうね。

まあ、職場の上司が、無知でボサっとしているおっさんなのであれば、たとえ何も知らずに印鑑をプレゼントしたとしても無事に事なきを得るのでありましょう。

しかし、万に一つ、職場の上司の方が聡明な物知りさんで、「印鑑を人様に対して贈るということは、自立した立派な人間になってほしいという、相手に対するメッセージが込められている」ということを知ってたらどうするの?っていう恐ろしい話になるわけであります。

まあ、人の勝手なので、あとはあなたの勇気と判断に任せますが。→印鑑淀川区

私(柿畑恵子)は明日、早出当番なので、そろそろ休みます。

印鑑柄のパンティもバッチリ洗濯して、完璧に部屋干し完了しましたしね(^_^)v

じゃ、おやすみなさい。

お礼

 

僕ちゃんのフルネームは、今井雄二(いまいゆうじ)と申します。

僕ちゃん(今井雄二)は、生まれ育ちともに、徹頭徹尾和歌山県海南市なのであります。

このダイアリーを見てくださっている皆さんに対し、まずは厚くお礼を申し上げます。

そして、僕ちゃん(今井雄二)の近況を包みかくすことなく、赤裸々にご報告をさせていただくということでご理解をお願いいたしします。

いま現在の僕ちゃん(今井雄二)は、人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)にて、グレート印章彫り職人になるための油断なき訓練をただひたすら積み重ねているわけなのであります。

僕ちゃん(今井雄二)はもともと、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)で、グレート印章彫り職人になるための訓練を毎日積み重ねておりました。

というのも、ゆくゆく僕ちゃん(今井雄二)は、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の2代目オーナーとなる予定の、今井家の長男坊だからなのであります。

しかし、和歌山県海南市のジュニアハイスクールを卒業してすぐ、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)に入り、すっかり甘い仕事をしてしまっていた僕ちゃん(今井雄二)は、成人となったある日のこと、家業の印章店(今井はんこ)の1代目オーナーである親父(今井博、いまいひろし)から、厳しすぎる命令を下知されることになります。

「おい、今井はんこの跡継ぎとなるわが長男坊の雄二よ!お前は来月から、人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)で訓練させてもらえ!わかったな!今井はんこの1代目オーナーたる親父(今井博)のオレ様に、一言たりとも不平不満は言わさんぞ!エッヘン!!」

この瞬間だけは、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の1代目オーナーである親父(今井博)も、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の跡継ぎとなる長男坊の僕ちゃん(今井雄二)のお願いなど、まったく聞き入れてはくれませんでしたね・・・。

印鑑箕面

よそ

 

京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の初代経営者である父(松尾一)は、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の跡取りとなる嫡男の僕(松尾克昌)を、もっと妥協なき環境で印鑑精進させるべく、あえて関係性の薄いよその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)で働かせることにしたんだと思います。

なんせ僕(松尾克昌)は、京都府綾部市の中学を卒業してスグ、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)に入職しました。

恥ずかしい話ながら僕(松尾克昌)は、世の中の荒波を知ることなく、ほんまに京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)でヌクヌクとぬるま湯につかっていたわけなのであります。それこそ、バカみたいな顔して。。。

そりゃ、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)でのクソ甘い環境なんか、ぬるま湯の中のぬるま湯に決まってます。。。

だって、京都府綾部市にある松尾判子店の初代経営者である父(松尾一)を筆頭に、松尾判子店の社員たる印鑑彫り師らは皆、僕(松尾克昌)が小さいころから知っている人らばっかりでしたから。

たぶん、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)での甘い勤務環境なんか、人の体温よりぬるめ、つまりカゼひくぐらいぬるめのぬるま湯だったように記憶しているのであります(;^ω^)

印鑑摂津

イケメン

 

私は、奈良県大和高田市で生まれ育ったイケメンの広川俊彦(ひろかわとしひこ)であります。

奈良県大和高田市にあるウチの実家は、祖父(広川菊次郎、ひろかわきくじろう)の代から長年にわたって印鑑店(印章の広川)を営んでおります。

奈良県大和高田市においてわが広川家が営んでいる印鑑店(印章の広川)の現社長(2代目社長)は、私(イケメン広川俊彦)の地味な父親(広川菊雄、ひろかわきくお)であります。

繰り返すようですが、イケメンの私(広川俊彦)は、地味な父親(2代目社長広川菊雄)の長男坊であります。

ゆえに私(広川俊彦)は、「印章の広川」3代目社長として、家の跡継ぎになる男であります。

よって私(広川俊彦)は、イケメン印鑑屋としての呼び声がバリバリに高くなってしまっている次第なのであります。

いやあ、困ったなあ!!!

どうしようかなあ!!!

将来、女の子にモテモテだよなあ!!!

まあ、父親(2代目社長広川菊雄)は残念ながら、長男の私(イケメン広川俊彦)しか子宝には恵まれませんでした。

だから、たとえイケメンの私(広川俊彦)が跡継ぎの呼び声高い存在だといいましても、イケメンの私(広川俊彦)が「印章の広川」3代目社長として跡を継ぐのは、世襲の小
さな印鑑店として当たり前と言えば当たり前の話であります。

なので、別にそんな印鑑業界や世間様に対して猛アピールできるような大そうな話ではないわけですよね。。。

しかしですね、広川家三代(広川菊次郎、広川菊雄、広川俊彦)の中で、いちばんのイケメンが私(広川俊彦)であるのは間違いないところなのであります。

だから、私(広川俊彦)が順調に成長して、三代目社長として無事に就任をいたしましたら、安心してイケメン社長の私(広川俊彦)にご用命を賜りたいと思う次第でございます。

では、さようなら。

印鑑西淀川